fbpx

【苦しい時ほど小さな事に目を向ける】

≪コラム・ニュース

苦しい時ほど、目の前の小さな事に目を向けて過ごす。

今日は、雨
昔し、私は雨の日が好きで本当にホッとしたのです。
自営で忙しかったし、姑さんが厳しかったので

晴れていると庭をウロウロ、事務所をウロウロして用事を言いつけられる
そんな視線が、とても堪えられなくて
ザーザー雨の日が好きでした。

ザーザー雨なのに、窓から見えるアリの行列を見ていると

たまに自分の身体よりも大きな
モノをヨロヨロしながら運んでいるアリがいて

「すげーな~。アリ!!!」って少しの時間夢中になれました。

時々、意地悪して行列を邪魔するように石を置いてみたり

ボーっと、アリを見ているのが好きでした。

軒先の燕の巣をボーっと眺めたりしていた時もありました。

思う様に生きれない時
凄い事が出来なくても、、役に立てなくても、どうしょうもなく毒めいた自分でも、迷惑を掛けている自分でも
一日を過ごす

不安や焦り、損得を一旦棚上げして

30分過ごす。

1時間過ごす。
半日、過ごす。
一日を何とか過ごす。

苦しい時に、目に入る雲の流れや虫や鳥は
私の気持ちを和らげてくれました。

その時は、本当に苦しかったから
そこから抜け出せない気がしていたけれど

一生の内の一部分だと思うのです、

だから、声に出して言ってみるのです。

「一生の内の一部分」

苦しいけれど一日一日を過ごす。

そんな日々の中で
少し、元気になるのと同時に
見える物の視野が広がって来るから不思議です。

自分の性格や境遇、立場や役割
様々な人間関係の中では

必ず
説明不可能で、理解不能の領域も沢山あるのです。

そこは敢えてそっとして
気持ちがいっぱいで苦しくなったら
気持ちを漏らしに来てください。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)