fbpx

【究極の体感ワークセラピー】

≪コラム・ニュース

【感情体感ワークを取り入れた独自のカウンセリング】

私が独自で行っている 感情体感ワークは
クライアントさんから傾聴で話を伺うだけではなく
実際の感情を体感していただきます。

 思考だけでは感じる事の出来なない 隠れた感情はご自分が考えている感情とは別です。

潜在意識に隠れている感情を実際に体感してもらう事により
より効果的に 相手の感情も体感します。

頭では、こうしたらいいのにと分かっていても 実際には出来ない事はありませんか?

それは、常識内で理想を並べていたり
思い込みで習慣付けされた事も多いからです。

それを 理想や想像の世界に留めず 感情を体感してもらうのです。

例えば 「上司と仲良くしたい」と口では言っていても
腹の奥に溜め込んだヘドロの様な感情があれば、上辺だけの理想や道徳的な事をしようとしても
心が伴わないのです。

「親に感謝しなさい」と先生に言われても抑圧された感情がグルグル巻きにされていては無理なのです。

だから その感情の解放が必要なのです。

これは 想像以上の効果があります ワークを体感された方は100%に近い確率で
その効果に驚かれています。

感情体感ワークは、オープンな形で多数の参加者様が見ている目の前で
カウンセリングをし 体感ワークで感情を感じてもらうグループセラピー形と

普段は、個別でのカウンセリングと感情体感ワークになるのですが
効果のほどは、オープンな形で他の参加者様と一緒に体感できる方が
歴然としていてその効果は、目を見張るものがあります。

グループセラピーは、一人の方のカウンセリングを他の参加者様は、黙って見守ります。
オープンカウンセリングを見守りながら
そこに登場する 本人の感情を代役する方や登場人物を代役する方など
参加者さん全体で劇の様な形で感情を実際に体感ワークしてもらいます。
一つとして同じワークはありませんが
どの感情体感ワークも号泣したり 大笑いしたり愛にあふれています。
 どんな感情も
参加者様全員が一体となり全員で解放されていきます。
これはそこに体感したことのある方にしか
感じる事の出来ない「とてつもない感動」としか言いようがないのですが
「言葉に出来ない程の癒し」があります。

そもそも なぜ そんな感情体感ワークが出来上がったのかと言いますと
私にワークを伝えてくださった師匠の影響が一番大きいのですが 

私が、なぜ師匠の元についてこのワークを学びたいと思ったかと言いますと
その当時の私は

一人っ子で 自営業の夫の元に嫁ぎ 嫁姑の関係が悪く
社長である義母に言いたいことを何一つ言い返す事が出来ずに奴隷の様な扱いをされていたと
感じていた時期がありました。(今は、義母も歳を取り 全く違いますし その当時の私の偏った考え方がそのようにさせてしまっていたのですが)

その当時は、義母が突然やってきて怒鳴る事が 恐怖でいつもビクビクして
まるで背中に目がついているのではないかと思うくらい
義母の来る気配に敏感になっていました。

どんなに理不尽な事を言われても 言い返えす事も出来ずに
ただじっと我慢していました。

自分の思っている事くらい言い返そうと思うのですが
言葉がドもってしまい。声にならず
声を出そうとすると涙がボロボロ出て来て声にならないのです。
手の指先は、血が通わなくなり真っ白になって震えが来て
そうなってしまうと まるでキチガイ扱いで
「精神病院にでも行った方がいいんじゃないか」って言われても
それがまた、言い返すことが出来ず 涙がボロボロで死にたいとすら思って居ました。

その当時は、夢の中でも同じように
私の背後から義母が突然近づいてきて 罵倒する夢を見るのですが
やっぱり言い返せず泣いている夢でした。

そんな夢を見てうなされていると夫が起きて起こしてくれるのです。

夫に起こされて、ハッと我に返得るのですが
 夢にまで出てくる義母に何も言えずノドまで
出かかっている言葉が出ない 言いたいことは頭でグルグルしているのに
ノドで止まって出てこない そんな
言われっぱなしの自分が悔しくて また夢を思い出して涙が出て止まらなくなるのです。

せめて夢の中でいいから言い返してみたかった。
何年もそんな事が続きました。

結婚して15年目くらいだったと思います。
夢の中でいいから 言い返そうと思ったのです。

「絶対に言い返してみたい 夢の中でいいから 言い返してみたい」と
何度も何度も
ノドまで出かかっている 言葉が出ない夢の中でうなされて居る私を 夫に見守ってもらいながら
あるとき 
ななななんと・・・・!!!!
言い返せたのです。

それも びっくりするくらいの バカでかい声で!
そりゃ~夫もびっくりです!!!!

何と言ったのかは
今では、忘れてしまいましたが

そ~と~デカい声を出で
私も自分の声に驚いて起きたほどですから
そ~と~デカい声でした。

(笑)(笑)(笑)

めちゃめちゃ気持ち良かったです。
直ぐに寝直して 夢の続きを見たいと思ったほどですから(笑)

もっと言いたい!
まだ言いたいことがある!って

とても気持ちが良かったのです。

それから 夢の中で何度も言い返すことができた私は

ななななんと 実際に
義母を目の前にして ある時 言い返しに行ったのです。

堪忍袋の緒が とうとうブチ切れたのです!!!!!

義母の家とは、二世帯住宅になっていたのですが 夕方
義母の家に行き
玄関で仁王立ちして 義母を呼び
今まで16年も言いたくても言えなかった事 言葉が詰まって言えなかった事を
ブちぎれた様に言ったのです。

何年も感情を誤魔化し 最後は生きながら死んでいる人みたいに
「はい」「すみません」「おはようございます」くらいしか言えなかったのに
突然 何もかも吐き出す様に大噴火です。

義母の家の玄関に仁王立ちして30分も義母に一言も口を挟める間も与えずに
まだまだ話足りない!もっともっと言いたいことがある!
そんな勢いが止まりませんでした。

義母に「もう帰ってください」と大きな声を出されるまで言い続けました。

そして「明日も来ます」と言って帰ったのを覚えています。

結局は、次の日は行けなかったのですが

その時の気持ちは、本当に気持ちいい感覚でした。
スーッとしました。

それまで何十年もの間 抑圧していた感情が
雪崩のようにすさまじい勢いで噴出したのです。

その時の感覚は、今でも気持ちよさとして残っています。

夢の中でも感情を実際に体感して現実化できるのです。
それが、実際に体感してみるワークなのです。
長くなりましたが   凄くないですか?

実際に感情を体感することで、今まで自分の一方的な見え方が
勘違いしていた事にも気が付けます。

感情を我慢して誤魔化したり 無視したり 飲み込むことで
問題は、複雑になっていきます。

義母との問題は、子育てにも仕事にも健康にも悪影響を及ぼしました。
その当時は、事故も何度か起こしました。

感情は、どんなに圧縮パックの中にいれて 無くそうとしても無くせません
解放しなければ 無くなる事はありません
自分の一方的な見えている誤解に気が付き 解放し浄化しなければ

問題が形を変えて 様々な場面で何処に行っても誰と居ても
生きずらさの元になります。

自分一人で何とかしようとしても 一方的な見え方や立場では
見えないものがあるのです。

相手の立場になって考えても 
倫理的な考えを学んでも神様に拝んでも

感情が邪魔して ふとした時に感情が沸き上がってきて
苦しくなるのです 一人では無理なのです。

だからこそ
実際に感情を体感していくワークは めちゃめちゃ凄いのです。
それも そこに集まった仲間と安全な場所で 自分の感情を解放していくのです。

そんなワークを是非体感してみて欲しいです。

私の様に夢で練習していたら 16年も掛かりますよ(笑)
私は、師匠のワークで人生が激変しました。

義母との関係も激変です。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)


開催日2月17日(日曜日)
開催時間11:00~18:00
アクセス東京  [map]東京 [/map]
予約・お問合せ ≫お問い合わせ・お申込みはこちら