fbpx

【 損得勘定の無い 愛 】

≪コラム・ニュース

私たち人間は、誰一人として
一人で生きて来た人は、いないですよね^^

誰かが 抱っこしてミルクやお乳を飲ませてくれて
誰かが 服を着せてくれて
保護され
守られ

誰かの無償の愛(手助け)を 
色々な形で たくさん受け取らなければ
今現在 生きていないはずです。

それなのに そんな事をすっかり忘れてしまいます。
そんなことは、考えたくない人も居ると思います。

ずっと 親に苦しめられてきた人は

もしかしたら
自分が無償の愛を受け取っていたなんて
考えられない実感がない 想像できない どこにそんなものがあるんだ
こんなに苦しいのに

無償の愛など

どこにもないと思うほど 

 損得勘定が出て
「こんなことをしたって一銭の得にもならない」
「なぜ 私ばかりが 損するの?」
「割に合わないよな~」なんて頭をよぎります。

「こっちだって やりくり大変なのに 寄付ばっかりやってられない」

「こっちが 欲しいくらいだ」

「無い  出せない  無理」

与える事って難しいですね~
ある事に気が付かないと 与えられませんね

「うわ~っ  やった! ラッキ~。 1万円分 得した」って言う時だってあるのに。

「えぇ~ 1万円も 損した。」って かなりショック。

「  あれっ??財布がない!!! 財布を落とした!!」って
そりゃも~ショックで ショックで・・・((´;ω;`)ウッ…

1万円儲かって嬉しいと言う事は
その裏で誰かが損しているかもしれません。

与えられているのですよね。

だとしたら

一万円損したら 誰かを喜ばせた事になるのですが
なかなかそうは思えませんよね。

私もです。人間だから。

「他人は、損してもいいけど 自分は、得したい。」
そんな事を口では言ってないけれど きっと 心の中はそうなります。

私が尊敬している
社長さんが話してくれました。

「昔は、どうやって従業員に暇を与えないで働かせるか?
どうやって、効率良く儲けられるか?
判断の基準は、常に損か? 得か?で物事を見て 人も選んでいた
そもそも
社長の手腕の良し悪しは、どうやって従業員を働かせて
楽して儲けるかだと思って試行錯誤して
 ずっとそれが正しい事だと思って居たんだよ

しかし、バブルがはじけて
 結局商売を閉じる事になってね~

得にもならない事でも人が喜んでくれる事をすると
最終的に得を積んでいる事になって循環するって

「今なら分かるけどね。」

「自分基準だったよね~昔は」

手続き 段取り 準備 あと片付け 
そんな得にもならない水面下にある 仕事はどこにでもあります。

給料の無い 地域の仕事 役員

誰がどのように使っているのか分からない寄付

色々な事で、得にもならない作業も含めて
無償で与えるって難しいですね

誰でも 人に嫌われたくないし
最初の内は、責任を持って楽しくやっている事でも
長くなるにつれて 色々な状況で 出来なくなる時もあるでしょう

「なんで 私ばかりが! やらなきゃいけないんだ!」
「こんなことをして意味があるのか?」
って思うこともあるでしょう。

ついつい犠牲的な感情が出てきますよね

「 やってられるか! こんな事 私ばかりが 」
「俺ばっかりが貧乏くじ引いてられるか!」って

確かに
「無い」なら 出せませんね。
少なくても出せませんね。だって 減るから

無償の愛って 無意識かもしれませんが
あると思わなければ与える事ができませんね。

自分が 無償で与えられた記憶が 分からなくても
想像できなければ
与える事は、難しいのかもしれませんね 

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)