fbpx

【未来予想図】

≪コラム・ニュース

消し去りたいような過去ありますか?

過去にどんな事があったのかは100人100通り

過去にあった事を
どの様に捉えているかで
未来予想図は、違ってきます。

今まで、何一つ
幸せだと思える事がなかった。

「消し去りたいような過去」がある人へ

未来は過去の
延長線上しか
想像ができないのです。

自分の経験してきた事の捉え方でしか
見えないものを想像できないのが
人間の脳みそです。

過去に起きた事実は
変える事はできないのですが

その事実をどの様に捉え感じるかは
変える事ができるのです。

よくありがちなのが
過去に
消し去りたいような事がある時に

消し去ってしまえば
幸せになれると
感違いしてしがちです。

しかし

消し去ってしまいたいと思うほど
囚われてしまい
未来の延長線上には
消し去ってしまいたい事が
また
繰り返されるのです。

消し去ってしまいたいとは、それほど
憎んでいるのです。

消し去ってしまいたいとは、そのくらい
執着しているのです。

消し去ってしまいたいとは、とことん
対立しているのです。

これから幸せになろうとするのなら
過去を消し去るのではなく

その認識を変えてしまわなければ
新しい未来は生まれて来ないのです。

という事は、どーゆー事か?

消し去ってしまいたい過去を
敢えて感じなおし
そこで得た恩恵を
これからの未来に活かすのです。

信じられないかも知れませんが
辛かった事、苦しかった事は
財産なのです。

私は今、とある更生施設にご縁を頂きそこで
色々な方の話を伺うのですが

法的な処分を受ける様な経験をされた方々が
自分を振り返り言葉にされる重みは
心に響きます。

お話しを伺っていると
私が
とてもちっぽけに感じてしまいます。

その位、普通に生活していたら
経験できない様な過去がたくさんあります。

そんな経験なんか
したくなかっただろうし

消し去ってしまえるなら
消し去りたいような過去ですが

敢えて感じ直しながら
今の自分の想いを
話して頂くのです。

そんな中で
気持ちはどんどん変化していきます。

過去に起きた事実は
変わらなくても
捉え方は、振り返れば振り返るほど
自分の〝今〟に変わって行きます。

〝今〟とは
常に未来のスタートラインです。

私たちは、常にスタートラインに立ち続けています。

いつも、いつも
スタートラインだとしたら

過去を憎み
記憶を消し去る努力から解放されて

その時に感じていた
想い出したく無い様な感情と

そして今、感じている感情を
誰かのために
使える想いに置き換えたいと想う
スタートラインにしたら
いかがでしょうか?

流れを変える事は
とても怖いと思います。

今までと同じように
憎み続けているほうが
楽かもしれません。

でも
未来の幸福に少しでも興味ができたら

そんな
あなたに寄添います。

一人で悩んでいませんか?

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)