fbpx

【パートナーに振り回される苦しさ】

≪コラム・ニュース

「不安」

また騙されるのではないか?
また裏切られるのではないか?

と言う不安

また浮気?
また飲んでいる?

まだ帰って来ない。

「不安」

パートナーが、いつもと違う行動をとると
無性に不安になる

いつもと時間のパターンが違うと疑いたくなる

言葉の一言一言に不信感を感じる

相手の表情を伺ってしまう
パートナーの携帯が気になる

また、をつかれているのではないか?
また、捨てられるのではないか?と

【不安で仕方ない方へ】

この不安はどこから来るのでしょうか?
この苦しさは、相手のせいでしょうか?
それとも自分のせいなのでしょうか?

「どこに行って来たの?」
「何をしてきたの?」
「誰と行ったの?」
「いつ帰って来るの?」

これらの質問に明確にパートナーが答えられても
いつの間にか、また不安になる
一瞬、一瞬が不安定でその場しのぎの「安心」の積み木

積み木を高く積み上げて行くと
崩れた時の衝撃が大きいのと同じで

安心が期待を生み
湧き上がる
不安が倍になるのです。

このどこからともなく湧いてくる「不安」が
永遠に続くとしたら
こんな不安は無くしてしまいたいですよね。

この「不安」はどこから来るのでしょうか?

その多くは、

パートナーと出会う前から持ち合わせて来た感情の様です。

それが何かをあなたは知っていますか?

身近な人の誰かの心配をして来たことがあるのではないしょうか?
それとも
心配している人の姿を見て来たとか

今、目の前のパートナーと出会う前から
「不安」と言う病を持っていたと考えると、
「不安病」が、あなたに心配をさせるのです。

心配を選んでしまう気質(病)。
気になってしまう気質(病)。
放っておけない気質(病)を持ち合わせているのです。

あなたが悪いわけでは、ありません。
嫌だと思っても先天性の病だった。
嫌だと思っても風邪になると言う様に

「不安病」の症状が、
どこか危なっかしい人を好きになり
ついつい気にして、心配させたりするのです。

抵抗するほど苦しく
病は悪化するのです。

無理すると熱がでたりしますよね。

嫌だと言いながら
自由勝手なパートナーに振り回されて苦しんだり

散々、嫌な思いをしてきたからと
真逆のマジメな人と結婚しても
息子の非行や問題で「不安」がやっぱり出て来るようです。

ここで大事な事は

自分の選んだ事ではないけれど「不安的気質」を持っている自分を受け入れる事です。

受け入れた上で
「不安」と、どの様に付き合ったらいいのでしょうか?

「不安病」をエスカレートさせない事です。
心配、不安、辛さや、苦しさから手を引く 降りる

降りるとは、

先手を打って何かしたり、探りを入れて調査したり、忠告したり怒ったり
見張ったりしない事です。

不安が病だと仮に例えると

病気を喜ばせるような、疑いの目、探りの手、聞き耳を立てる行為、などの
病気の細胞を繁殖する事を止めなければなりません

相手が悪いのに自分が、自制するなんて考えられないかもしれませんが

苦しくて辛い気持ちを一旦
手放しましょう

パートナーの行動であなたが苦しむ必要はありません

相手に、罰を与えなきゃならないと考える事も
一旦手放しましょう。

別れなさいと言っているのではないのです
諦めなさいと言っているのではないのです
苦しくて辛くなる囚われの自分から離れるのです。

苦しくて辛い恨みの列車から降りるのです。

「不安病」からリタイヤするのです。
戦いはもう終わりです。

気にしない、期待しない、コントロールしない
腹を立てない、怒らない、嫉妬しない、悲しまない
振り回されないと決めるのです。

そして、声を出して言葉にすることは

○○○に関係なく遊ぶ
○○○に関係なく出掛ける
○○○を気にしないで楽しむと
言うのです。

もし、あなたが本物の「不安病」なら
言葉に違和感を感じ苦しむと思います。

大切な人と決別したような孤独を感じて苦しくなると思います。
それだけ、あなたは自分の人生をパートナーに依存して生きてきたのです。

あなたの人生はあなたのモノです
誰が、どんな勝手な行動をしてもあなたが苦しむ必要のない事を
割り切れるまで寄り添います。

2017.3.26 は、1day心理ワークです。
このワークで自分に革命を起こしませんか?

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)