fbpx

【なぜ 大切な人を憎まなければならないのか?】

≪コラム・ニュース

感情は、揺れ動くし変わるもの
しかし心は変わらない
人が本来持ち合わせている
心(魂)は、愛に満ち溢れています。

しかし、本来持ち合わせている心がすれ違ってしまう
のはなぜでしょう?

それは、状況や環境で変化してしまう
感情に流されて気持ちが
上手く伝えられずに誤解されたり
思い込みや勘違いをしてしまうからです。

それは、とても辛い事
どんどん歯車がかみ合わなくなって
傷つけ合う時
本来持ち合わせている
愛が無くなってしまった様に感じてしまいます。

しかし、それは違います。
私たちは、命を頂いた時に既に
思いやり、優しさ、ぬくもり、明るさ、素直さ、を持って生まれて来たのです。

それが
誤解されたり、誤解していたり、傷つけられる時
悲しくて、せつなくて怒りが湧いてきて
大切な人を大切に出来なくなる。

しかし、大切な人を憎んでしまわなければ
ならない程苦しい事は
ありません。

だから、

本来持ち合わせている
愛を言葉にしたり行動にするときに
魂が震えたり
言葉に詰まったり
涙が出るのです。

そこを越えると
愛にまた出会える

セラピーの中で音楽を使うのは、全てと調和するため
一人じゃない 全ては共有し 一つ

そんな 感情体感型のセラピーを是非体感してみてください。