fbpx

感情の浄化【焦らなくてもいいんだよ】

≪コラム・ニュース

1day心理ワークと言うものを
毎月開催させてもらっています。

ワークでは
非日常の異空間がそこにあります。

何十年も
抱えていたモヤモヤした悩み
爆発しそうなくらい我慢してきた事

どうにもならなかった環境を
木に例え

その木の
枝葉を取り除き
幹の部分に
焦点を当てた
「気付き」から発展させて

じゃあどうなりたいの???
の「未来設定」

何十年も
抱えていたもの

それが、実は

未来の不安だったりします。

次のステージへの恐れ

そんな
恐れを手放し
一歩前に進むって

安心安全な異空間だからこそ
ワークで体感できる
不思議な感覚なのですが

結構なエネルギーを使います。

だって
何十年も抱えていた事を
一気に体感するのですから
エネルギー量は凄いと思います。

お坊さんの修行の中に
数日間、「常行堂」と言う
お堂に籠り一睡もせずにお経を唱えながら
阿弥陀様の周りをぐるぐる回り
食事を摂らず水を少しだけ含む程度の
修行をすると

行を終えてから
身体が元に戻るには、行をおこなった
日にちの三倍は
掛かるそうです。

それは、行をおこなっている時に感じた
身体の疲労だけでなく

心に感じた
様々な感情を

日常に戻り三倍の時間を掛けて

「あぁ〜、あの時に感じた事は、この事だったのかぁ〜」とか

「なるほど、そーゆー事かぁ〜」と
腑に落とす時間がゆっくりと何倍も
掛かる様です。

短縮された修行の中で感じた事が
自分の日常の様々な場面
や人を通して
身に馴染んでくるそうです。

きっと
ワークもそーなんだろうなぁ〜って思います。

私も
数年前に
体感したワークが
やっと腑に落ちたり
する事もありますし

日常に馴染んでしまうと

自分の
変化を忘れているけれど

ふと、昔しを思い出すと自分の変化に
びっくりする事もたくさんあります。

ワークは
とても凝縮された不思議な時間です。

ワークで体感した事が日常で重なると
分からなかった誤解が紐解けたり

知らず知らずの内に抑圧された感情を
消化しながら
日常を過ごす事になる様です。

そんな、自分なりに消化していく感情の1つ1つが
心の糧になり

いつの間にか自分の器が
大きくなると

同じ様に苦しんでいる人が
見えて来るし、自分の感じた事を
表に出して、役に立てたらと
話したくなるものです。

人に話せる頃には
手放す、手離す、許し、赦し、
愛に変わっているみたいです。

1dayワークを上手く説明できませんが
是非、体感してみてください。

次回は7月23日(日曜日)10時〜16時半
です。