fbpx

【もしも あと 3日の命なら】

≪コラム・ニュース

「あなたは、いくつまで生きていますか?」

カウンセリングの中で訊くときがあります。

棺の中に横たわる
自分を想像してもらうために
下手くそな絵をかいて
ちょっと笑いも織り交ぜながら

あなたが死んだときに
誰がそこにいますか?

その人たちは、どんな顔をしていますか?と訊ねます。

誰がそこにいて欲しいですか?

「もう きっと親はいないので 子供たち とその配偶者と孫かな~だったらいいな~」って答える人もいます。

生きていれば、色々な事が起こります。
悪いことが
あとで、いい事に変わったり

その逆と言う方もいます。

と言う事は
今の現象が、のちにどのように変わるのかは、分からないし
人それぞれです。

しかし、その答えが出るのが
死ぬときなのでは、ないでしょうか?

どのように死にたいか?

そのために
逆算して「今」何をしたらいいのか?を
想像する。

「あなたは、だいたい何歳で死にますか?」と質問すると

ほとんどの方が
「だいたい、80歳くらいかな~」と答えます。

あと30年~50年を
漠然と見ています。

しかし、ご自分の寿命が
あと10年だとしたら今の生き方や
考え方を変えようと思いませんか?

あと、3年の命ならどうしますか?

あと、3日ならどうしますか?

時間の長さで 感じる事が違うと思いますが

あと3年の命なら
もう年金なんて掛けるのを止めます。(笑)

誰かに遠慮なんてせず

行きたい場所、会いたい人の所へ行きます。
ケチケチしないで、大切な人に
ご馳走をしたり
プレゼントしたり

今までの
御礼に回りたいです。

しかし
あと50年も生きていると思うと不安が出てきます。

年金が無くなったらどうしよう
お金貯めなきゃ 

老いる不安、考えだしたら蓄えが無いと不安になります。

不安が大きいほど
ケチになり、今を楽しめません。

貯金しなきゃ。お金貯めなきゃ。働かなきゃ~

それは、もちろん悪い事では、無いのですが

随分前に
スピード違反や、一時不停止など
何かとお巡りさんに罰金の紙をもらったことがあります。

せっかくコツコツお金を貯めたのに
罰金で支払うくらいならそのお金で
誰かにおごったりした方がよかったって 思いました。

ちょっと 脱線しましたね。

話は、戻りますが

そんな事になるなら ○○○しておけば・・・・

どうせ死ぬなら
もっと ○○○しておけばよかった。と思わない為に。

どうせ死ぬなら
大切な人の為にお金を使おう

最後は、大切な人に愛されて死にたい

涙の一粒でも落として
ありがとうと言われて死にたい

どうせ 死ぬなら  

先日、(宿命から)
私の寿命を予想してみました。(案外短い)

そしたら
未来の不透明な不安が消え

今、目の前の人を喜ばせよう。と考える様になりました。

なので、気前よく お年玉を奮発したのですが

みんなが、凄~く嬉しそうでびっくりでした。

最近、息子たちを、買い物に誘って

「一番好きなのを選んで~プレゼントするから」って

初めて そんな かっこいい事を言ってみました。

「お昼は、美味しいのを食べようよ。おごるから」

ヤバい(笑)

そしたら、夕飯は、ななナント「次男が奢ってくれました。」
こんな事は、初めてです。超~びっくりしました。

やっぱりお金って循環していくのですね。
寿命が短いと
案外、色々な景色が違ってきますね。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)