fbpx

【ぱったりと動けなくなる】

≪コラム・ニュース

【ばったりと動けなくなる】

やる気が起きない

バッタリと動けなくなる
そんな時ありませんか?

やる事があるのに

やる気が出ない

やらなければならない事があるのに

やる気が起きない。

ぼんやりと
やる事を考えているけど

考えがまとまらない

そんな時ありませんか?

そんな方に質問です。

あなたが
動けなくなる前に

何か

いっしょうけんめに
頑張っていた事はなんですか?

あなたなりに
精一杯 頑張ってきた
何かがあったのでは無いですか?

目標を持って挑んだ事だけでなく
困難な中で続いていた事
迷いの中で努力していた事
当たり前にやっていた事でも一生懸命だった事
充実していた時間などが

何かの
出来事で
区切りが付いた。

移動、卒業、人の死、

その事柄は
色々あると思うのですが

心に何か大きく
変化する事があったのだと思います。

そんな時に

一旦 動けなくなる

生活のリズムが変わったり
目標となる事が一旦 無くなったり

支柱が
抜き取られた感覚があるかもしれません。

そんな
喪失感の中で
動けなくなるのは辛い事です。

これでは、ダメだ
何とかしなきゃと焦る 不安になる気持ちもあるかもしれません。

しかし
ステージの切り替わりは、
誰にでもある事です。

時には
誰とも会いたくなくて
引きこもる事もあるかもしれません

体調を崩して寝込んだり
起きれなくて ずっと眠っていたり

そんな
変化に伴う 心や体調の反応があるのは
異常ではなく
健康なのかもしれません。

心が元気になる経過には
時間が掛かります。

そして
その時間や経過に「長い」「短い」「正しい」も「間違え」もありません。

切り替わりや
変化する事でイキイキとする人もいますし
変化する事で動けなくなる人もいます。

人それぞれです。

たから

あ なた なりの時間が必要なのです。

動けない時間も大切な時間です。
やがて 動ける様になるための
必要な蓄え期間

動けない事が悪くて
動ける事が良いという決まりはありません

どちらの時間も大切な時間

動けなくなるには
それなりの理由があって
その調整に
大切な時間です。

こんな事をしていて
ダメだとか
こんな事をしていたらとダメになると

不安になってしまいがちですが
不安になるほど
大切な時間を大切にできません

薬やアルコールで誤魔化しても
心は癒されていきません。

それは依存。

動けない時間は、
それなりの理由がある大切な時間。

動けない時間は、大切な治癒期間です。

大切な時間を大切に使う事が出来たら

本当に動きたくなる時が来ます。

ダメな時間と捉えると
原因を探して誰かを責めたくなる

すると
そんな自分が嫌になってしまう

結果
自分を責める様になります。

それは悪循環のもとです。

しっかり休んで
動きたくなったら
いつでも待ってます。

何から始めるのか?
ヒントが見つかるかもしれません。

「幸せ堂」カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)