fbpx

【不安な気持ちを和らげる簡単な3つの方法】

≪コラム・ニュース

今、あなたが感じている不安を和らげる為に
3つの方法を順を追ってやってみてください。

簡単なので是非試してみてください。
不安になる度に何度もやってみる事であなたの身体から
徐々に【不安感は消えていきます】

1、先ずは、その不安感を知る事が大切です。

あなたの中に存在する「先の見えない不安」を客観視するために

あなたの身体のどの部分に存在していますか?
頭の後ろ? 背中? 胸の奥? 胃のあたりですか?

感覚は、どうでしょう?
モヤモヤした感じですか?
ベットリとした感じですか?

【名前を付けてみましょう。】
その不安感は、男性ですか?女性ですか? 
年齢は、いくつくらいですか?
国籍は、どこでしょう?日本人ですか?それともどこの国の人でしょう?
どんな特徴をしていますか? 容姿は? 背が高い?可愛い?眼鏡をしている?
どんな服装でしょう? 
性格は? 怒りっぽい? おしゃべり?  気が短い?

それとも、人間ではなく
他の動物でしょうか? それとも得体のしれない生物でしょうか?

人それぞれ色々な感覚があると思います。

先ずは、客観視するために。
自分から分離させてみてください。

そのために名前を付けます。

平仮名でも カタカナでも
イメージでいいので名前を付けてください。

2、名前がついたら、その子に手を当てて
なぜそんなに不安なのか?
じっくり聞いてみてください。

やったことが無いから?
行ったことが無い場所の?
見当がつかないから不安なの?
上手く出来るのか心配なの?

誰でも先の見えない不安は、辛いものです。

形として見えないから、
悪い事を想像してしまいがちですが
未来は誰にも見えないし分かりません。

見えない未来に意識がタイムマシーンで
タイムトラベルしているのです。

だから、「今こ」現在に戻って意識を自分の
手の平に集中させて

3、その子に何か語り掛けてあげてください
先が見えなくて不安でいるその子に手を当てて
その子が、少しでも元気になる様に
少しでも、気持ちが楽になる様に

「大丈夫だよ~なんとかなるよ。」とか
「やってみなきゃ分からないよ。」とか
「辛いなら、休んでいいよ」とか

なんでもいいです。

話し掛けてあげてください。
何も言葉が見つからないと言うのであれば
それでも大丈夫です。
手を当てているだけで温かくなっていきます。

例え、どんなに周りに大丈夫だと言われても
「不安感」は出てくるものです。

無くそうとするのではなく
優しくそこにある存在を、認めてあげてください。

認めるとは、排除してしまわないで
よく理解して分かってあげる事です。

「そっか~不安だよね~」
「それは、心配だよね」
「分かるよ~ 怖いね。」

自分の中に住んでいる名前を付けた「その子」を
安心させてください。

不安な気持ちが出てくる度に
やってみてください。

もしかしたら、今出来る事が見つかるかもしれません。

一度 名前を決めてあげると
一連の流れは、どんな時でも、
簡単に自分を癒す事が出来ます。

もしも、一人ではイメージが湧かない方は、
一緒にやってみましょう。

自己ヒーリングのコツや、自分一人では気が付けない部分も見えてきますよ。

「幸せ堂」カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)