fbpx

【機能不全のある家族で育った私たちの共通性】

≪コラム・ニュース

機能不全のある家族で育った事による私たちの共通性の高い特徴的問題

1, 私たちは、孤立し、人や権威を恐れるようになっていた。
2, 私たちは、承認を追い求めるようになり、そうしている内に自分が何であるか分からなくなっていた。
3, 私たちは、人が怒ったり、何であれ個人的な批判を耳にしたりすると怯えてしまう。
4, 私たちは、アルコホーリックになったり、アルコホーリックと結婚したり、ワーカーホーリックなどの脅迫的な問題を持つ人をみつけたりして、病んだ「見捨てられ要求」を持たそうとする。
5, 私たちは、人生を犠牲者の視点から生きていて、そうゆう弱さによって恋愛関係や友情関係で人に
引きつけられる。
6, 私たちは、行きすぎた責任感を持っていて、自分の事に気を遣うより他人の心配をする方が簡単にできるそうすることで、例えば自分の欠点を良く見ないですむ。
7, 私たちは、人のいいなりにならずに自分の意見を述べると罪悪感を感じる
8, 私たちは、刺激に嗜癖(しへき)するようになっていた。
9, 私たちは、愛を哀れみと取り違え自分が“哀れみ”“救える”人を“愛する”傾向がある。
10, 私たちは、悪夢のような子供時代から感情を抑え込んできて、そうすると酷く傷つくので自分の  
    感情を感じることや表現することが出来なくなっていた(否認)
11, 私たちは、自分の事を厳しく裁き自己評価が非常に低い。
12, 私たちは、とても依存的になっていて、見捨てられることを恐れて、見捨てられる痛みの感情を
  経験しないですむように人との関係が切れないようにするためになるなら、どんな事でもしようとするほどだ。その傷みの感情は私たちにとって情緒的に不在だった病んだ人たちと、一緒に生きてきたことから受け取ったものだった。
13, 私たちは、自ら行動する人ではなく反応する人である。

※ これはある種の特徴を述べたものであって、避難するような事ではありません。