fbpx

封印した記憶と感情はどこに行くのでしょうか?

≪コラム・ニュース

誰にも言わずに封印した
記憶と感情は、どこにいくの?

思い出したくないような出来事を
無意識に自分の中に封印したとします。

何十年も経って
普段は、殆ど思い出す事もなく
記憶もぼんやりとしていて
思い出せない位、遠くに感じる事なのに

何かの度に
無意識に頭をかすめるのです。

白黒 男性 記憶

考えてもハッキリ思い出せない事なのに

何年経っても
ふとした時にぼんやりと思い出す記憶

考えても、どうなるものでもないし

自分では、気にしてないし
とっくにクリアーしたと思えるような気持ちを

抑圧された記憶と感情と言います。

我慢したことすら忘れてしまっているうような
心の奥の奥に仕舞い込んだ記憶

誰にも話したことのない
本当の自分の気持ち

自分の気持ちがどうだなんて
そんな事すら、思い出せないくらい
仕舞い込んだ感情が
実は、無意識に常に働いていて
物事の判断基準を決めています。

ふとした瞬間

突然、普段の自分から抜け出したくなったり

当てもなく遠くに行きたくなったり

何となく泣きたくなったり、怒りたくなったり

コツコツと積み重ねた事でも
急にどうでも良くなって潰したくなるような

何とも、説明がつかない感情に繋がっているみたいです。

記憶と感情は、仕舞い込んでも無くならないのです。

もし、それが嫌な出来事だとしたら
その感情は、しっかり感じきらないと無くならないのです。

何となく
ふとした瞬間に込み上げる、嫌な感覚を持ち合わせて
いるのなら

信頼のおける場所で
吐き出してみてもいいと思います。

そんな人ほど「吐き出すものなんて何もない」と
平然としていたりしますが

もしよかったら寄り添います。
無理のない自分の赦し時があると思います。

7e92235eafe2615c7af71b7d97eb9636_s

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)
https://www.minami.pink/

#寄り添います  #カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)  #新潟県
#記憶と感情 #赦し #赦し時