fbpx

【一人で解決の限界】

≪メールマガジン

1か月前に父親が 肺炎で畑に倒れていて
救急搬送され入院した時は

「どんな状態に急変するかわかりません その時は延命措置をしますか?」

と言われ 父の死を一瞬覚悟したのですが
10日の入院で 驚異的な回復をし
退院し 昨日は一緒に長岡の花火を父と母と3人で観に行ってきました。

父の痴呆がのスイッチが入ったり 消えたり

病院では、付き添いがないと
見れませんと言われ家族で昼夜交代で付き添っていました。

人間の脳みその驚異って凄いな〜って
感慨深いものがあります。

私の大好きな父が おもらししたり
おむつを履いている姿は、娘としてショックだった一瞬もあったけど

父の方が、恥ずかしい事を受け入れてくれる姿に
尊敬の念があります。

年を取るって 恥ずかしい事 みじめな事を
素直に受け入れていく事何かもしれませんね

以下コラムを添付します。

最後にご案内もあります。

【一人で解決の限界】

毎日暑い日が続きますね。
熱中症で亡くなる方も珍しい事ではなくなってきています。

昔は、水なんて飲まなくても頑張れた
昔は、クラーなんか付けなかった
昔は、寝ずに頑張れたのに・・・・・

・・・・・そのあとに続く言葉があるとすれば、

なぜ頑張れないのだろう。

情けない自分。
どうしょうもない自分。
弱い自分。

そんな自分を責めてしまう

甘えちゃいけない
頼っちゃいけない
弱音をはいちゃいけないと自分に喝を入れる

甘えるとどうなるのでしょうか?
頼るとどうなるのでしょうか?

負けちゃうのかな?
ダメになってしまうの?

今までは、やってきた
昔は、頑張れた。

そうですね〜
そうやって頑張って何十年も頑張って
色々な物を乗り越えて来られたのだと思います。

そんなあなたは、人に弱音なんて見せないで
苦しい時も 弱音なんて吐かないで人よりも地道な努力をして頑張って来られたのだと思います。

だからこそ、こんな暑さくらいで 情けない
こんな事くらいで、恥ずかしいと
自分を責めてしまうのだと思います。

誰にも弱音を言わず、一人で何でも解決してきたあなたが
今ここにきて・・・・・

どうにもならなくなった。
どうしていいのか分からない。

そんな限界を感じていながら
どうすることもできず その不安を一人で抱えているとしたら

きっと 生き方の転換時期になって来たのだと思います。
今までのやり方の限界時期

これからのやり方の転換時期
しなやかに強く 大きく広く 優しく穏やかに

走ってばかりでは、見えない自分と周りを見直す時期になったのかもしれません。
豊かさを得るために。

自分の事を別の角度から知りたくないですか?

8月11日 お気楽な心理学講座 8月のテーマ「エネルギー・パワー」
10:30〜21:30
19:30〜21:30
参加費 千円
場所 カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)

8月22日 お茶会 夕涼みにいかがですか?
参加費 500円
場所 カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)

10月6・7日 金沢一緒に楽しみましょう。
新潟からの参加費3万

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)