fbpx

【受け入れると我慢の違い】

≪コラム・ニュース

受け入れているようで我慢しているのかもしれない

我慢と受け入れる の違い分かりますか?

幼いころから、我慢が得意だっていう方
結構いるのではないでしょうか?

我慢をしていた方が楽だから
その方がめんどくさくならないし

確かに、我慢していた方が
良い時もたくさんあります。

我慢出来る事は、大事です。
我慢できる方が大人なのかもしれません。

しかし

心の奥底に感じる怒りや憎しみ
いじけた気持ち、妬み嫉妬そんな嫌な感覚ありますか?

人と関わるのが苦手 赤面症 そんなんだったら一人でいいやって言う
いじけたような反抗心。

受け入れるとは、我慢している自分を知って認める事。

我慢とは
自分の気持ちとは、違う気持ちを認識しながら
気持ちを抑え込む。

我慢したくないから、気持ちを切り替える、気をそらす、切り替える、忘れる、誤魔化す。

ずーっと我慢していると
自分の本当の気持ちが分からなくなる。

何が、自分で どれが本当なのか分からなくなる。

「自分で、自分の事が分からなくなる 生きずらい、苦しい」

我慢しているのか、受け入れているのか、諦めているのか、自分がないのか分からない。

そんな人の【処方箋】

安全な場所、人、環境で
自分の話をしていく事。

なにから話していいのか
そんな事は、考えなくても大丈夫。

話すのが苦手でも大丈夫。

話が、あっちこっちに行っても大丈夫。

「自分の思った事、したこと、なんでも。どんな事でも。」

何かに例えた話ではなく。
周りの誰かの話ではなく。
テレビの人ではなく あなたの事を話してください。

我慢チエック

腹を割って話せる人はいますか?
大きな声で心から笑えていますか?
悔しくて涙がでますか?
悲しい時に悲しいと言えますか?
好きな人に好きだと言えますか?
間違えたらごめんなさいと直ぐに謝れますか?
褒められたら素直に受け取れますか?
気持ちよく手助け受け取れますか?
喜びを分けられますか?

そんな

あなたの話を聴かせてください。
どんな話でも大丈夫です。

「私は・・・」で始まるあなたの話をして行くうちに。

少しずつ、話すことが怖くなくなります。

我慢している方がまし、我慢が得意っていう人の心の中にあるものは

感情を感じたくない防衛。

辛いだとか、寂しいだとか、
それを感じてはいけない
何か大事な事がきっとあったのだと思います。

誰かを守るために、迷惑をかけないために
我慢したことがあったのかもしれません。

なるべく
心を動かさない様に 
新しい事はしたくない。
感動なんて必要が無かったのかもしれません。

だから

窮屈なまま、怒る人はいつまでも不機嫌なまま怒り続ける。
周りを批判し自分を見ないように

しかし

変わる人は、変わっていきます。
怒った自分も受け入れて、いじけた自分も受け入れて
どんどん変わっていきます。

過去の事を振り返り 辛かった事 寂しかった事、間違えた事、恥ずかしかった事
良かったことも。

「私」を付けた話をしていくと
いつの間にか生きやすくなります。

怒りを呑み込まずに 安全な場所で話したら気持ちが少しずつでも
楽になります。

一人で我慢して抱え込まないで話してください。
話すは、放す。離す。

人は、案外 誤解したまま
関係が悪くなっている事があります。

怒りや、人に対する批判は、更なる苛立ちを増していくから不思議です。

我慢して生きている人は、生きずらそうです

我慢ではなく、受け入れて放していく

感謝で生きると 楽に生きれそうですよ 怒りを手放して生きていくあなたが良~く見えます。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)