fbpx

【孤独感の正体は】

≪コラム・ニュース

【毎月11日のお気楽セッション】6月のテーマ「孤独感」でした。

自分だけが仲間外れにされている気がする
一人ぼっちの感覚「孤独感」

部屋にこもって誰とも会わずにいる孤独もありますが
恋人が目の前に居ても孤独を感じる事もあります。

都会の人混みの中で感じる孤独

居場所がない取り残された感覚

虚しさ、疎外感、空虚感、不安・寂しさ・満たされない気持ちは、

もしかしたら、状況や相手の問題では無く
自分の中にある、何かが外部の状況を引き寄せるのかもしれません。

それは、生れた時から持ち合わせていたもの
天性のモノかも知れないし、
環境がそうさせたのかも知れませんが
今の状況が苦しいのなら
手放したいものです。

しかし、「孤独感」って悪い感覚ばかりではないのです。

なぜなら、特別さを持っているからです。
スパースター、大会社の社長さん皇室など

一般庶民とは、一線を引いた
弱味を見せないカッコよさ、凛とした神々しさを持ち尊敬されます。

怖いよ~寂しいよ~
辛いよ~止めたいよ~
我慢できないよ~なんて
簡単に口にしない強さ、気品、カッコよさがあります。

だから
孤独感と聞いて
悪いとイメージしがちですが、
なりたい憧れの姿でもあるのです。

では、どんな時に孤独感が良くなったり、悪くなったりするのでしょうか?

それは、自分がいいと思えばそれでいいし、
嫌だって思えば、嫌なのです。
自分の気持ちや考え方次第なのです。
ある意味自分が選択しているともいえます。

しかし、孤独なんて嫌に決まっていると思っていても
何故か、一人ぼっちになってしまうのは
なぜでしょうか?

本当に選んでいるのでしょうか?

もしも
選んでいるとしたら
そこには、メリットがあるのでしょうか?

実は、孤独を自ら選ぶのには、
無意識かもしれませんが
理由があるのです。

それは、安心感だったり、
癒しだったり、安らぎでもあるのです。

言いかたを変えると「防衛」みたいなものです。

嫌われたくない、傷つきたくない、
怖れや不安などです。

「嫌われるくらいなら1人の方がましさ」と

自分が、敢えて孤独を選ぶ事で、
不安や恐怖から一時的に
逃れられるのです。

逃げて文句を言うのです。

嫌だと抵抗するし、拗ねたり、怒ったりイライラする、

こんな状況になったのは、誰かのせいだと
怒っているのです。

こんなに辛いのは、
あの時あーだったから
この時こーだったから、
あの人が、こー言ったからと
「被害者」になっているのです。

そして、幸せな人を見て恨んだり憎んだりして自分とは違うと
つながりを持とうとせず

「そんなのは、いらない。欲しくない。一人の方が気が楽だ。」と
威嚇して吠えたり、拗ねたり、怒ったりしながら
見えない自分の壁(プライド)で人との間に一線を引くのです。

それは、何を意味しているのか?と言うと
ある意味、こんな私なんて幸せになれるバズが無い
どうせ貧乏くじ引くんでしょ?
どうせ嫌われるんでしょ?

ほ~らやっぱりと
幸せにならない選択をして、自分を幸せにしてくれるハズだった人に
復讐しているようなものです。

あの人が、私をこんなにも不幸にさせたのよ!
酷いでしょ?
最低でしょ?と誰かに共感を求めている感じです。

なぜなら、一生不幸なら
一生恨み続けられるのですから

幸せになったら
「今の私は、こんなに幸せです。ありがとう」と言わなければならないじゃないですか
そんなの、絶対に言いたくないのです。

自分を苦しめた人や境遇に感謝しなきゃいけないなんて
口が裂けても言いたくありません

感謝なんてしたら、私のこれまでの苦しみは
どうなるの??

感謝なんてしたら、私を散々苦しめて来た
あの人たちを喜ばせる事になるじゃない?
そんなのは、絶対に許せないと思っているのです。

しかし、幸せな人って
あの辛い時があったからこそ「今が幸せ」って
苦しかった過去や、憎むべき人に感謝していませんか?

と言う事は、
孤独感ってやっぱり自分が選んでいるのかもしれません

あんな人になんか負けたくない、
同じ仲間だと思われたくないと人をバカにしたり
あんな凄い人は、自分とは無縁、なれるハズがないと

上か下かのどちらかで自分と人を差別して
同じ一線に立つて心を開くなんて
嫌だと無意識にも思っている

仲良くしたくない、仲良くできるハズがない

そう、とても孤独って傲慢な環境を持っているのです。

自分の事を知られたくない、根ほり葉ほり聞かれるとムカつく
目立ちたくない、責任のある事はしたくない

その奥にある感情は
「罪悪感」「劣等感」
こんな自分の本当の姿を見せたくない、知られたくない

弱い自分、ダメな自分、頭の悪い自分、役に立てない自分、ブラックな自分を人に知られたくない

自分が、一番最低で最悪な自分を知っていて誰にも見せたくないと思っているのです。

孤独感の正体は、「罪悪感」や「無価値感」なのかもしれません。

では、どのようにそこから抜けすのか?

先ずは、無価値な自分を一番責めている自分に「もう赦してあげようよ~」
と言ってあげること

今まで、ずっと責めていてごめんね
1人にさせてごめんね
寂しかったでしょ?
辛かったでしょ?と

自分を抱きしめる事
自分を赦す事
自分を癒す事です。

しかし、私たちは
頭では、理解しても感情が許さないのです。

そんな、思考では変える事が出来ない
心理的な感情のワークをやっています。
1人寂しく不安で震えているあなたへ
どうか、ご縁が結ばれます様に。

大丈夫あなたは、一人じゃない。
もう、一人ぼっちの刑は終わりにしましょう。

あなたに出逢いたい人は、たくさんいます。

カウンセリング雅流望(ミナミ)では、個別カウンセリングや、イメージによるセッションワーク
心理学講座、と様々な形でご縁を繋げています。

お気軽にお越しください
是非お待ちしています。

6月の1day心理ワークは、25日です。
今回は、特別無料です。
是非ご参加お待ちしています。
6月4日の1day心理ワークの様子です。

先日の6月11日のお気楽セッションの様子です。

【毎月11日のお気楽セッション】
====今後の予定=====

6月11日「孤独感」
7月11日「依存」
8月11日「信頼」
9月11日「選択」
10月11日「受け取る与える」
11月11日「怖れ」
12月11日「許し」

2018年
1月11日「孤立」
2月11日「無価値感」
3月11日「ハイヤーパワー」
4月11日「コントロール」
5月11日「コミュニケーション」
6月11日「ゆだねる」
7月11日「豊かさ」