fbpx

師匠 長谷川泰三先生を語る会

≪コラム・ニュース

2016.2.29【師匠 長谷川泰三先生を語る会】を企画して

先生の魅力
先生が抱えていたテーマ
先生がどうしても諦めらなかった事

人間らしい長谷川泰三を

質問を沢山交えながらお話しさせて頂きました。

参加者様から直ぐに
とても感動したとメッセージを頂き
お客様の声にも
記載させて頂きました。

師匠は決して
完璧な人ではなかったのです。

そこに魅力がありました。

師匠の言葉の中に

「与えるよりも
受けとる事の方が方が何倍も難しい」と言うのがあります。

自分の不完全を認め
他人から受けとることの難しさ

そして、その勇気と価値を教えて
いただきました。

師匠が
抱えていた人生のテーマ「自立・孤立」

誰にも頼らない
誰にも頼りたくない
俺は、一人で生きていく

人に甘える事など
許されない
そうしなければ、生きて来れなかった
幼少期

人に与える事も無ければ、受け取る事もない
病的な自立。

車椅子生活を神様に与えられ
人を頼る
「助けて」と好意を受けとる

不安や恐れを手放し
流れに身を任せる選択など

やっぱり
私にとって泰三さんの存在は
凄いな~って

偉大なる師に出逢えたことに改めて
感謝いたします。

IMG_112713939750668