fbpx

離れてもなお親の恐怖

≪コラム・ニュース

【離れてもなお親の恐怖】

離れてもなお親から執拗に脅迫まがいの事を
されて困っている人います。
a32543d91cf4608ac4cc46c564ba14ad-300x94
親とは言えども
色々なタイプの親御さんがいらっしゃるので

私は、一概に親を大切にした方が良いとか

もっと冷静になって話し合えなんて
思えません。

中には、だんだんエスカレートして来て
卑劣な言葉で罵倒してきたり
殺す気か!とか、死んでやるとか

または、
子供(孫)を遣って脅迫するケースもあるので

親と言えど・・・

親だからこそ
恐怖を感じる事もあります。


性格的な事もありますし
老いの恐怖や孤独がなおさら
そうさせるのだと思いますが

改めて
考えてください

あなたは、なぜ
親と距離をとったのですか?

私の想像ですが
考えた末の一番ベストな選択を選んだのでは
ないでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もし、あなたが
今、幸せなら

ご自分の幸せを貫いて欲しいと思うのです。


今の日本は
色々な面で国民は保護されています。

親だからといえ

子供が全責任を負うなんて
無いと思うのです。

距離を保ちながらも

「想い」だけは、大切にしていたら
こんな親ではあるけれど
嫌いになれないと思えている事が
大事なのではないかと思うのです。

例え
どんなに悪い親でさえも心の底から
嫌いにはなれないのです。

死に際に「お前には迷惑掛けたね」と
もしも
言われたら

きっと、あなたは
棺桶にしがみついて泣くと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その時は、罪悪感を感じると思います。

しかし、ずっと義務感で
役割を果たしても
犠牲の関係は、罪悪感をつのらせます。

側にいる事だけが
親孝行だとは思えません

私は、
想いが深い方が良いと思うのです。


あっ!
これは、私の考えですのでご注意ください

私は、どんな人生の選択もそれで良いと思うのです。

もしも迷いの選択の中で苦しくなっているなら

どのような選択をしても
私は、あなたの選択を後押しします。

あなたの本音に合った選択を選んでください。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)