fbpx

【ねじれてしまった人との関係】

≪コラム・ニュース

壊れてしまった人との関係を私たちは、何かの隙に思い出す。

「もう気にしないでおこう」と思っても
何かの折に触れ考えてしまうのは、そこに「傷」があるからなのです。

その「傷」っていったいなんでしょうか?

何年も経っているのに未だにズキズキ痛む感情
取り返しの付かない失態
自分を責める気持ち
思い出したくない過去
自分の無力さ

その時の事を思い出す時、ドロドロとした嫌な感覚が湧いてくる

相手を傷つけた自分を責める気持ち「罪悪感」と共に
いや、それ以上にあるのが、 「自己防衛」です。

「私は、悪く無い」「俺だって我慢してきた」「私だけが、悪い訳じゃない」と
人間関係がねじれてしまう背景には、
そこに至るまでの経過があったのです。

そこには、相手に与えてしまった損害もあるかもしれないけれども

相手に与えられた!と感じている負担だったり
不当な仕打ちも
たくさん思い浮かぶのです。
思いやりを持ってやって来た事
一生懸命に尽くした事
一緒に過ごした幸せな気分

そこが、癒されていないのです。
相手に悪い事をしたかもしれない
でも、自分も傷付いている事を無には出来ないのです。

その自分の感情を認められないでいるから
もっぱら、相手を攻撃する態度に出たり、相手の幸せを憎んだり
気にしたくなくても気にして調べたり、掘り起こして自分を正当化し続けなければならないのです。

「ほ~らやっぱり」皆から嫌われている。
「ほ~らやっぱり」不幸になった。
ほ~らやっぱり、ほ~らやっぱり、ほ~らやっぱりと言っているのは、
【傷付いた心がズキズキと痛んでいるのです。】

「時が、経てば忘れる」と言う人もいますが

忘れる時間が長くなるだけで
癒されない限り、何かの拍子に湧き上がってくるのです。

では、そんな感情をどうしたら消せるのか?

「許し」です。
ここで言う許しとは、自分の傷付いた感情に
防衛として湧き上がる怒りを知る事
そして、その下にある悲しみも認める事
そして、振り上げた剣を下し謝る事です。

これは、一人では苦しい作業です。
そんな、たな卸しを3月の1day心理ワークでは
一緒に体感させてもらいました。
そこには、涙しかありませんでした。
その涙は、温かい涙でした。

なぜ温かいと分かるのか?
笑顔に変わっているからです。

4月の1day心理ワークは、4月23日です。

毎月11日のお気楽セッションでも
同じ様な内容がテーマとなります。
「自分を責める感情」です。
お気楽にご参加ください。
4月11日(火曜)10:30~12:30 19:30~21:30
参加費1000円です

お申し込み090-2150-5284(カウンセリングルーム雅流望(ミナミ))