fbpx

【自分を見つめる謙虚さ】

≪コラム・ニュース

今まで、知らなかった自分を知る時

なんだぁ~こんな自分がいたんだぁ~♪って
嬉しくなる時もあるけれど

えぇ~っ!!!
こんな自分がいたんぁ~って

怖くなったり、ガックリしたり。

「謙虚」って言葉の意味は、

「あるがままの自分を見つめる力」とも言うそうです。

今まで

自分は、さておき他人を見て

「あの人のここが悪い」「そこを直してほしい」と
批判していた人が

いつの間にか、生きずらくなって落ち込んでしまう時

なぜか

他人に対して向いていた
感情が自分に向いてくる

すると

なんで私は、こんな人間なんだろう
って自分を責めたり

ポカポカぽかって
自分の頭を叩きたくなるけど

そんな時は

ずーーーーーーっと自分を責めても
実は、傲慢になるばかりなのです。

↑ここポイント。^^

責めるって自分に対しても
他人に対しても
攻撃している事には変わりないんです。

だから

そんな時ほど

 例えば自然に触れたり
本や映画の影響を受けたりして

自分の中にプラズマみたいに
ツンツン じりじり
キューンと反応する感覚から
心の事を知る時

ちょっと立ち止まって

今まで、見えなかった自分に出会う
今まで、出会えなかった人に出会うと

「アイツさえいなければ」
と、責めている内は、怒っていたから
分からなかったけれど。

謙虚さを持って考えだすと

弱さを見せたら負けだと思って戦っている自分が居たり
将来の不安を持った自分が居たりする。

謙虚さとは

あるがままの自分を知る

あるがままの受け入れる

あるがままの自分を「しょうがないな~」って微笑む

意地を張っている自分。
拗ねている自分。
傲慢で怒りっぽい自分。

今 苦しくて
生きずらいな~って思っているあなたが
その心の痛みに

手を当てて
「しょうがないな~」って
なでなで  スリスリできますように。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)