fbpx

【未知なるものの不安と恐怖】

≪ニュース

意識の上では、 「このままでは嫌だ!」「自分を変えたい!」と思っているけれど
変化するのは、やっぱり不安で怖いから
無意識に何かしらの抵抗が起きます。

心理学用語で「治療抵抗」ともある意味同じことですが
「知らない天国より、勝手知ったる地獄の3丁目」と師匠
長谷川泰三が言っていました。

天国に住んでいる人が羨ましいけれど、地図を手に入れても
知らないから怖い
だったら、ずっと暮らしてきた地獄の3丁目でイイヤ~ってふてくされる。

全く手の届かない夢なら 「億万長者になって世界一周したい」と言えるのですが
実際にそうなったら、躊躇します。

以前テレビで観た事があるのですが、
「あなたの夢を叶えます。」と言う企画のモノでした。

実際に夢が叶うと言われても
その場で決めなくてはならないので
色々な出来ない理由(抵抗)が出て来るのです。

しかし、 「チャンスは前髪にしかない」とも言われている様に
チャンスって奇跡のようなものです。

○○が揃ってから、○○が無いから、と言っている間に
チャンスは、逃げてしまいます。

それと同じように
カウンセリングもある意味
奇跡のご縁チャンスだと思うのです。

しかし、
そうなりたくない抵抗が生れて来るのです。

それは、誰もが持ち合わせているものです
それを越える事が成長に繋がるのです。

昔し、私が嫁ぎ先の姑と上手くいかず
こんな家出たいと
何十年も思っていたのに

いざ、夫が「実家を出て、自分たちの家を買おう」と言い

思い立ったように物件を探し始め
最初に入った、住宅メーカーさんの紹介で
「1週間以内に、決めてくれたら
区画の中でも一番いい土地を売ります。」と言われ
東、南、西の三面道路に囲まれた少し広い区画でした。

確かにいい土地でしたが、値段も一番高くて恐ろしくなりました。

こんな事は、すぐに決められる事ではなかったのですが
夫が 「大丈夫、頑張ればなんとか返して行けるから」と言ってくれて
腹を決めました。

しかし、色々な事が決まって行く過程や
最終的に引っ越す段階になると
姑には内緒で進めていたので
恐怖と不安で感情のジェットコースターみたいでした。

姑の事、仕事の事、子供たちの事、お金の事怖くて仕方なかったです。

1人っ子で自営の夫が
引っ越しを決めたのは凄い覚悟がいったと思います。

しかし、あの時に引っ越していなければ今の幸せは確実にありません
子供達とも、夫とも、姑とも、笑っていなかったと思います。

もう一緒には、暮らしていなかったかもしれませんし、
病気になっていたかもしれません

一緒に居ても犠牲の中で、我慢して憎くみ合い続けていたと思います。

お彼岸に家族でお墓参りして食事して笑っては、いませんでした。

今のカウンセリングの仕事もしていません、

「こんな姑がいたら出来ない」と
言われた事だけを怒りの中でやり過ごし
沈んで行く泥船に家族全員が乗って
ののしり合いながら沈んでいったと思います。

心理学を学びはじめ
師匠長谷川泰三に、泥船に乗って沈んで行くと言われても
「でも~」「だって~」「ムリ」と言っていました。
自分だけが、幸せになってはいけないと思っていたからです。

だからもし、誰かが
今苦しくて動けないでいるとしたら
「どんな道もあるから大丈夫だよ何とかなるよ~」ってお伝えすると思います。
そんなあなたに寄り添います。

さて、3月の1day心理ワークは、3月26日です。
是非、悩んでいる事がある方も悩んでいる事が無い方も
感情を癒しにきませんか。

4月23日.5月28日、6月25日、7月23日、8月27日、9月24日、10月22日
カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)でお待ちしております。
毎回のドラマチックな感動の癒しがあります。
是非ご参加ください!

そして毎年恒例の
 金沢で開催です!!! 
10月8日((日))
有難い事に、既に予約を頂いています。
残り15席ですが是非ご参加お待ちしています。