fbpx

【こんなハズじゃあなかったのに・・・】

≪コラム・ニュース

あなたが、今 生きずらいのは
自分らしく生きていないからかもしれません

もしかしたら

本来のあなたが、喜んでいるような生き方を
していないのかもしれません。

本当は、友達とワイワイ騒ぎたい性格なのに
転校ばかりさせられて

慣れない学校を、転々としていたら
「一人でも平気」って思うしかなくて

気が付いたら「人と関わる事が怖くなって」
自分がどうしたいのかわからなくなってしまいます。

本当は、運動が大好きで、エネルギッシュに外で遊びたくても

病気で外に出れなかったら病院のベットの上で
つまらないと思いながらも過ごす
しかなかったかもしれません。

そしたら、外の世界が分からなくて不安になってしまいます。

どんなにお父さんが大好きでも、
親が離婚して
母親に引き取られたら
会えなくなってしまうかもしれません。

そんな寂しさが、原因で
彼氏が出来ても支障を来すかもかもしれません。

あなたが、今 生きずらいのは
あなたのせいじゃないのだとも思います。

子供の頃は、自分がそうなりたくなくても

生活力もない状況では、
我慢するしかなかっただろうし

与えられた状況の中で、強制されたら
耐えるしかないかもしれません

子供は、どんな親の元に生まれても
お母さんと、お父さんが大好きなのだそうです。

だから
親が、何かで困っていたら
子供なりに役に立ちたいと思うだろうし

母親が、悲しんでいたら
子供なりになんとかしなければならないと考えるのは、

本能なのかもしれません。

長女だから、長男だからと無意識にも責任を背負う

なんの疑問もなく
そんなものだと感じて頑張る。

自分の気持ちを誤魔化していた事すら気づかなかったと・・・。

何度も怒られて、何度も傷つけられれば

感情を無くし(育てられた環境や親)に従い
死んだように生きるしか方法がなかったのかもしれません

期待され、保護され、管理されて
10年、20年、30年と生きてきたら

自分の夢や希望が他にあるなんて
考えられなくなるのしれません

「自分らしく」を塗り替えられて何十年も生きて来たら

いざ、歳を取って周りを見て人と違っている事に気づいても
どうしていいのか分からなくなる。

なぜか、生き辛いけど

それが、何なのか分からない。

どんなに途方に暮れ 彷徨って答えを出そうとしても 分からない。

そんなあなたに
「今、あなたは何がしたいの?」
「何が、好きなの?」
「好きなようにしてもいいよ。」と言われても

辛くなるばかりかもしれません。

しかし、40歳になって、50歳になっても
あなたが、苦しみ続けているとしたら

「あなたの好きに生きたらいいよって」周りは、言いたくなります。

しかし、「好きに生きたらいい」と言う言葉が
一番恐怖だと感じてしまうあなたは

苦しくなるのでしょう。

「こーしなさい!」「あーしなさい!」と言われたから苦しんだのに

「好きにしたらいいよ。」と言われて

更に苦しくなって

自分が、どうしていいのかわからなくなる。

自分で、決めるのが怖い。

なにが好きなのか分からない。

なにが良いのか、悪いのか? 

 なにが好きで、何が嫌いなのか?さえ
自分の事なのに分からなくなってしまうほど

自分で考える時間も
与えられずに来たのかも知れません。

失敗してもいいよ
大丈夫。やってみないと分からないよ。ではなく

それではダメ。コレにしなさい。

 ここは、こーして。  そーじゃないと失敗するよ。

「ほ~ら見たたことか!」「やっぱりお前は、ダメだ」と

失敗が、許されない恐怖
間違えたら、取り返えせ無い恐怖を
何度も植え付けられて来たのかもしれません。

今、そこまで、分かったあなたが
ここに居るとしたら

どの様に自分にアドバイスしますか?

「どうしてこんなに苦しかったのか?」の謎が少しづつ紐解けて来たけれど

これから、どうして行ったらいいのか?

分からなくなっている人がいたら、どうしますか?

「お前なんて生きる資格がないよ」って言いますか?

一人ぼっちの刑を命じますか?

それは、その人のせいじゃないのに

 ずーっと苦しんでいる人を犯罪者にしますか?

「こんなハズじゃなかった。」

と言っている人に何と言いますか?

私なら、 「また、来てね☆」って言います。

「出会ってくれてありがとう」って言います。

「いつでも、待っているからね~。」って言います。

死ぬまで定年なしで、おばばばばー婆ちゃんになっても「また、来てね」( *´艸`)って言います。

今すぐ何とかなる魔法なんてないけど

必ず、癒される時が来ることだけは知っているからです。

時間が、どのくらい掛かるのかは、分からないけど
でも「また来てね。」って言います。