fbpx

【私が一番苦しくて辛かった時】

≪コラム・ニュース

いま思えば、私が一番苦しくて辛かった時は
自分一人でするしかないと思っていた時でした。

友達に同じような事で愚痴ってもスッキリとしなかったし

どこにに行ってもしっくりこなくて

怒って
イライラして、
大切な子供を傷つけ
嫌いな人に気を遣い
これでもかと真面目に完璧に
無理して頑張って疲れ
怒りを誤魔化し

それでも
誰も分かってくれない、誰も助けてくれないと一人で闘っていました。

今思えば、そんな地雷を散りばめる人に
どの様に近付いたらいいか分からないし、

助けようにも
何をしても気にいらないし逆に鱗に触れてしまう感じでした。

私くらい頑張っている人は、どこにも居ないくらいに思っていました。

感謝なんて、単語として使っていましたが
心からの感謝なんてどこにも存在しませんでした。

常に心の中には、「怒り」がありました。
「これ以上どうにもできない」と闘っていました。

しかし、ある時
ずっと振り上げていた剣を下したのです。

それは、あるカウンセラーさんの言葉でした。
「私だったら、とっくに逃げているだろうな~」

ある時、スッとその言葉が耳に入って来たのです。

今まで、何度も
色々な人の口から聞いていたのに
そんな事をしたら負けてしまうと意地張って頑張っていたのに

その時スッと入って来ました。

私がしなければ誰がするの?

ここまで、頑張って来て
「逃げれるわけないじゃん」「無理」「苦しくても頑張るしかない」「嫌でも続けなきゃ」だって・・・
だって・・・・だって・・・・と頑張って来たけど

その時、もう無理だって思えたのです。

もう限界だって思えたのです。

変なプライドが崩れました。

そしたら楽になれました。

しかし、落ち着けば落ち着く程

自分の弱さ、至らなさ、未熟さ、我がまま、身勝手さいろんな自分が沢山出てきました。

傲慢で感謝の無かった私には、気付けなかった事です。

気付く程に苦しくなるのですが
その度にそこから逃げないで自分の至らなさを受け入れて行くと

もう、素直になるしかありません

無力で身勝手でわがままな私だけれど

それでも生かされているなら
心からありがとうって感謝しかありません

最低な私を受け入れた分優しくなれます
同じような人をしょうがないな~って思えるし

大丈夫と思えるのです。

一人で何でもやっていると勘違いしていた、傲慢な私に
気づかされながら

どんなあなたも大丈夫って伝え続ける事が
恩送りです

開催日10月8日(日曜日)
開催時間10:00~16:30
アクセス石川県金沢市粟崎町4丁目 [map]石川県金沢市粟崎町4丁目[/map]
参加費1万円(割引あります。)
定員16人
予約・お問合せ ≫お問い合わせ・お申込みはこちら
090-2150-5284