fbpx

【等身大のあなたが許される場所】

≪コラム・ニュース

あなたは
【人の目】を気にするほうですか?

それとも、

あんまり気にならないほうですか?

自分が人に どの様に思われているのか
凄く気になる人は

ずーっと
人と一緒にいると
気が休まらず疲れてしまいますよね。

どんな風に見られているのだろう?

「汚い」「臭い」「頭が悪い」「小さい」「大きい」「役に立たない」「太ってる」「痩せてる」「下手くそ」

そんな風に
悪く思われているんじゃないか?って

そんな風に
思われたくないとビクビク。

もしかして 、あの目は? きっと

あの言葉は? きっと

あの意味は? きっと

そんな事をずっと考えていると
めちゃめちゃ疲れますよね。

しかし

「真面目そう」「頭良さそう」「優しそう」
「美人」「気がきく」
と言う良いイメージを持たれても

人の目を気にする人は、どちらにしろ
「辛い」のです。

本当の自分ではない見られ方を
されると苦しくなります。

【本当の自分ではない見られ方とは】

悪く見られたらそりゃ〜
嫌だけど

良く見られても困る

とにかく良くも悪くも
人の目が気になって
気が休まらない

だって

「やっぱりそうだ。」「ほーらみたことか!」

なんて言われたら嫌だし

「なぁ〜んだぁ〜〜、」「全然違うじゃん」って思われたら最悪だもん。

そんな言葉が
聞こえてくる様な気がして

苦しくなってしまいます。

だから 先に

人の顔色や機嫌をちゃんと知っておかないと
なんだか怖い

もしかして
機嫌が悪いかもしれないし

うっかり
気に入らない事を言わない様に

先に空気を読む

目が悪い人が
コンタクトが無いと不安なのは

人の顔色を読めないから怖いって言うのがあります。

それほど 人と一緒に居る事に気を使い

色んな意味でストレスが溜まってしまうようです。

では、
何故 そこまで人の目が気になるのか?

気を使って苦しくなるのか?

それは、
気質的なモノや
親の影響
過去のトラウマから生まれた

なんとも言えない
【罪悪感】

生まれてからのものではなくとも
生まれた時に既に持ち合わせている どうにもならない 罪悪感。

特別悪い事をしていなくても
何か自分が
【迷惑を掛ける悪い人】【嫌われ者】の様な気がしてしまうのです。

分からないけれども
迷惑かけている様な

分からないけれども
役に立たない様な存在に感じるのです。

その あなたの中に潜んでいる
罪悪感が 全ての物事に反応して「やっぱりそうだ」って敏感に感じる様です。

人の言葉、人の態度、ため息、目線、空気感

親を責めても解決になりません。

過去を悔やんでも
【そこに全てがあるわけではありません。】


何か分からないけれども持ち合わせている

あなたを苦しめる
どうにもならない感覚を和らげるには

話す事です。

感じることを、感じたままに

話す→放す

良い事も、悪い事も
気持ちの許せる人と場所を選んで

話す事です。

自分の苦しみを人と分かち合う事

自分の嫌な部分
人の目線から 逃げないで
感じるままに

人に嫌われるなどと心配せずに
話せる場所

安心して話せる場所

そんな
気を許せる場所を

たった一ヶ所でいいので作る事です。

等身大の自分が許される場所を作ってください

そんな時間と労力とお金に価値を置く

あなたが等身大でいれる場所

そこにけちけちしないで
価値を置き信頼するのです。

他の人に
自分の見苦しさを許せるまで
あなたは
苦しみその事で安心できないでしょう。

等身大のあなたが許される場所を作るには
まず

あなたが自分に許しを出すこと

他人に助けを求めてもいいよって
自分の価値にお金を使ってもいいって

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)