fbpx

【一切褒められずに育った人】

≪コラム・ニュース

「子供は、褒めて育てなさい」と、よく聞きますが

まぁ、私から言わせると
「喜びなさい」って思いますが

褒めるって随分上から目線ですよね^^だから、してくれた事に対して
「ありがとう」「嬉しい」「助かった」の方が良いと思うのですが
そこら辺は脱線しそうなので良いとして。

::::::::本題:::::::

よくカウンセリングをしていると
「親に褒められたことがない」と言う方がいらっしゃいます。

あなたは、「親に褒められて育った人」ですか?
それとも、「一切褒められた事がない人」ですか?

子供の気持ちとしては、親から褒められ、喜ばれたいに違いありません
それは、100%断言できるのではないでしょうか

しかし、親によっては
褒める事を知らない親もいます。

ケナして、バカにして、嫌味しか言わない様な親に育てられた方も沢山います。

今も、親を憎み、恨んでいる人も沢山います。

しかし、褒められて育ったからと言って今が幸せか?と言うと
それは、違う気がします。

一概に言えません

親にケナされて、バカにされた事がバネになっている方もいるからです。

誰が見ても酷いと思う様な家庭状態の方が、将来いい人もいるのです。

仕送りなんて、親から一切貰わずに工夫して、苦労したからこそ
成功した人は、たくさんいます。そんな人は、親がどんな状態であろうとも
「あのクソおやじ」とか言いながら少なからず感謝が見えます。

そこには、 「今が幸せ」と言う条件が付いています。

「今」幸せだと心から言える時に親を許せるのかもしれません。

だから、何よりもあなたが「幸せ」にならなければいけないのです。

::::::で!!!ここから重要です。::::::::

今、生きずらい方へ、「あなたが幸せになる為に」

「親から離れる」必要があります。
許せない様な親と一緒に居て幸せなんてないのです。

親の呪縛から、離れずにずっとそこに居たら
無価値な自分を刷り込み続ける事になります。
昔も今も未来の延長戦沿いも
そこに居ては、一生親孝行ができないかもしれません

親孝行って、離れずにいる事では無いのです。
親孝行って、離れていても良いのです。

心の中で繋がっていたら
それでいいのだと私は思うのです。

一切褒められず、ケナされ、中には虐待を受けて来たあなたが
幸せになれる方法は、はき違えた親孝行に一線を引く事です。

お互いに依存していると離れるのは
簡単な事ではありません

そんな中で、敢えてあなたとあなたの親が幸せになれる方法があるとしたら
離れる事です。

憎み合い憎しみ合いを卒業できます様に。
そして、感謝と幸せが溢れます様に
あなたが、罪悪感を手放せます様に。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)