fbpx

【振り子の原理】

≪コラム・ニュース

【振り子の原理】

振り子は

ゼロ(静止)を基準にして

振れた分だけ
同じように反対に振れる

大きく振れると
同じように
反対側に大きく振れる

小さく振れると
同じように小さく振れる

しばらくは
その繰り返し

やがて少しづつ勢いを無くし
止まってしまう。

これは
私たちのエネルギーも同じ

感情のエネルギーも同じ様に思います。

人とのコミュニケーションが苦手で
誰にも会わず(静止)で過ごしたら

嫌な思いもしないし
逆に楽しい事もない
振り子で言えば静止の状態

思い切って 行動に移すと
エネルギーも使うけど
同じように
経験値が増える

思い切り動けば 感情も動く
嬉しい事もあるし
嫌な事もある

止まっている事が悪い訳でもないし
動く事が良い訳ではないけれど

今の状態を少し変えたいと思うなら

動けば当然

いい事も悪い事もあるって
思っていたら

案外 大した事なく
なんでも楽しめるものです。

少しでも動く事によって
何か悪い事が起きたらどうしよう

怖い。不安。
何も起こらないでほしい。って
身構えていると

当たり前の変化にもビクビクして
ダメージが大きくなります。

静止の状態から
抜けて動いてみようと思うなら
小さく動いてみれば
失敗も少ないしダメージも小さな振り子

ベビーステップとも言います。
怖いなら小さなステップからでもいいのです。

大きくジャンプできる時に
大きく変化させて動く

大きく動くには
勇気も不安も
失敗もあるかもしれないけれど
喜びも大きいし
経験値も上がる そして新しい出会いがあります。

どっちにしても
人は 一人では生きていないのだから

止まって一人でいる時でさえも
誰かに支えられている

今を少し変化させて行ったら

必ず
出会いがあって
お互い刺激しあって
支えあって共感したり共有したり
嫌な事もあるけど
一人では感じる事の無い
感覚を味わっていけるのではないでしょうか。

一人で頑張って
一人で悩んで
一人で消化。

時給自足ばかりでは
発展や進化は無いんじゃないかなぁ。

止まっている人は動いたらいいし
感情が動き過ぎて辛い人は
少しペースダウン。

自分の振れ幅で
淡々と振れる振り子のように。

カウンセリングルーム雅流望(ミナミ)