fbpx

【出会いはいつも依存から】

≪コラム

先日のこころ講座では、人間関係のパターンをビジョン心理の三角形の図に
フィギュアを使って分かりやすく
関係を見立てみました。

私たちは、お腹の中にいるときは、母親と一体ですが
オギャーと生まれたその瞬間から母親との人間関係が始まります。

それを分離と言い 

人間関係は、「分離」の状態から「依存」する事で始まります。
自分で立つことも座ることも、食べる事も出来ない赤ちゃんが
母親を必要とし お互いがお互いを必要として出会う「依存」
出会いは、いつも「依存」から始まるとすると
そんな中でなぜ、ケンカをしたり、別れたりするのかを
図式を通して、実際にフィギュアを使い人形劇のようにみて行くと
犠牲的な感情になったり、ストレスをためて喧嘩したり
相手をコントロールしようとしても出来ずに
ぶつかり合ったり傷ついたりと
「自立」の段階があります。

「あなたなんかいなくても大丈夫」
「私は、一人で生きていきます。」
「 私は私 あなたはあなた」 それは、分離です。
そこを なんとかくぐり抜けて
信頼して行く事は、簡単な事ではありません
時には、悲しみ、不安、恐怖などに向かって行かなければなりません
そして現実的にムリな事もあります。

心理的な感情のスパイラルの理屈を理解し、その場にあった
気持ちのもっていき方を知るスキルは関係性に役立ちます。

自分の気持ちをコントロールするために
いろいろな事を試してみて
上手く行かない時を越えて
長い付き合いをして行くには、
苦しさの中にも悟りみたいな豊かで幸せな境地があります。

それは、「ユーモア」だったり「いたずら心」だったり「信頼」です
問題を目の前にして
その問題ばかりにフォーカスしていると
罠にハマってしまいますが
フィギュアを使って相手を見立てて
心理を理解する事で
コミュニケーションの罠を知る事が出来ます。

自分が無意識に避けていた事や
解釈を取り違えて誤解している部分にも気づける事でしょう。

繊細心の確信を突いた部分ですらフィギュアを使うと
不思議と素直な自分に気付けます。

目指すところは
自分を活かし人を活かしお互いがお互いを尊重し合える
パートナーシップです。

新しいお店に入って
店員さんとコミュニケーションするときも
最初は、知らない物同士です。

しかし、洋服屋さんなら、洋服が必要だから求めて行く依存と
お客さんに来てもらいたい依存から出会いがあり、人間関係が始まります。

今回は、出会いから別れの仕組みを2人組になって
みていきました。
実際に言葉にすることで
自分の気が付かなかった一面や
関係性の秘策も学べてとても有意義な時間となりました。