fbpx

金沢開催1day癒しのグループワーク【10月報告】

≪ニュース

ついにこの日がやって来た~!!!!!と言う
金沢での開催は、感動と涙と笑いと笑顔に包まれる
本当にヤバいくらい素敵な時間となりました。

なぜ
金沢駅のホテル ヴィアインの会議室にこだわったのか???

それは、2年前の6月15日
師匠 長谷川泰三が、
「ここまで作り上げてきたモノを無くしたくない」と
ここで最後のワークをしていたから

でも、その日から
そこが、嬉しくて、温かくて、心地よい場所ではなく
寂しい場所になってしまったから

私は、その日から

どうにかして
その場所を、笑顔で集まって笑顔で
「またね~(*^^*)」の場所にもう一度したいと思いました。

私も、先生みたいな心理ワークがしてみたいと
通った金沢のビアインでした。

仲間が、どんどんキラキラと
輝いて行く

どんどん皆が笑顔になっていく

どんどん見える世界が変わっていく

どんどん自分らしく優しくなっていく・・・

もっともっと学びたいと想いがつのる

そんな矢先に

一瞬にして、そこに近づけなくなってしまったビアインでした。

ワークの途中で
深い永遠の眠りにつかれた先生

まさかと思いながら

その知らせをきいて
「やっぱり・・・」と涙が溢れて来ました。

その日から
一度も踏み込む事が出来ずにいたヴィアインの会議室でした。

「あの場所を、そんな寂しい場所にしたくない!!!!」と強く思いました。

「先生~先生の切り開いてくれた道は
続いているよ~」

「皆が喜んでいるよ~」

「先生の魂は、永遠だよ~って」
沢山の仲間が笑顔で集まってくれて喜んでいる姿を
伝えたくて

ただただ

私の勝手な想いだけで
この2年を過ごして来たと言っても過言ではありません。

そんな
私の強い強い想いの籠った特別な日が
2016.10.9日でした。

会議室の広さで
一番 参加者様が一体となれる人数を
師匠は16人と決めていました。

養成講座の募集人数16人

まさに今回やってみて分かりました

「16人」なのです。

その16人が当日揃うというミラクル

朝4時に家を出て
金沢に向かう途中一番来て欲しかった方が
「参加してもいいですか?」とのメッセージ

「もももも・・・・もちろんです。」
その時点では、ただただ心が浮かれていたのに

会場に着き
1時間前に会議室のカギを開けてもらい
暗い部屋の電機を付けて
中に入るとその奥にある長机には・・・・

「横田みなみ様 感謝 泰三より」と書かれた花が
まるで忘れ物のように置いてありました。

%e6%b3%b0%e4%b8%89%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88

その文字を読んだ瞬間

ぽたん ぽたんと涙が
落ちてきて

この日を決めた8か月

誰も来なかったらどうしよ~

どうしたらいいんだろ~

何したらいいんだろ~

いいかな?悪いかな~?
嫌われるかな~?

反感をかったらどうしよ~と

ずっと ずっと
不安で怖くて迷って分からなくて

自分の弱さと
なにがなんでも諦めたくない強さを
行ったり来たりしてた私の
涙腺が切れました。

そんな会議室に・・・

「今日は来れなくてごめんね~」と
フラワーアレンジメントを持って
駆け付けてくれた
仲間

「手伝うことある~?」と駆け付けてきてくれた仲間

「みなみちゃんありがと~」
「うれしい~」とどんどん人で会場が溢れ

2016-10-9%e9%87%91%e6%b2%a2-3

(ノД`)・゜・。

これを「有難い」=「有る事が難しい」と言わずして
なんと言おうか

2016-6-26%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

その日が、どんな事が起きるのか
どんな流れになるのか全く想像できない中での
グループワークでは、3つのテーマに関わりました。

全体を通して共通していた事は

「自身を抱きしめ許し愛する事」
このように思います。
2016-10-9%e9%87%91%e6%b2%a2%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%92

ご参加いただきました皆様には、
本当にありがとうございました。
また、来れなくても気に掛けてくださった方
本当にありがとうございました。

10月9日の金沢ビアインの会議室が
愛に包まれた事は、

私には、計り知れない想像を超えたエネルギーに支えられた事は
間違えありません。
見える様な物質的なモノだけではない
エネルギー それしかないと思いました。

感謝 感謝 感謝 感謝

参加してくださった方の声も

許可を得たモノだけ随時
載せさせてもらっています。

≫『1dayワーク』参加者様の声をみる